新たな刺激を得ることは大切

人の神経とは普段の生活の中で、特別な事が起きない限り神経を過敏に働かせる事はありません。それは安全だと言う本能が、特別に神経を働かせる必要が無いと判断をするためです。旅の多くは、普段の生活とは違う環境であり、神経が過敏に働き、情報収集を行う生理反応を作り出します。この様な状態と言うのは、見る物全てが新鮮に見え、食べる物もより美味しく感じる事が可能になります。旅が終わり、帰途につくと疲れを強く感じるのは、肉体を強く支えていた神経が普段の神経に戻る事によって、普段よりも強い疲れを感じさせるための物です。この神経が過敏に働く状態と言うのは、数日続く場合があり、次の日の仕事と言うのは、普段よりも新鮮に見える事によって高い気力を作り出す事が可能になります。又、神経が過敏に働いているため、普段気づかない内容に対して気づき、頭が冴えている状態を作り出す事が可能です。この効果と言うのは、冷め切っている夫婦や、カップルにも最適であり、お互いの姿がより新鮮に見える事から、出会った当初の様に恋を作り出す事が可能になります。旅と言うのは、出来るだけ行った事が無い場所が望ましく、月に最低2回は足を運ぶ事が重要です。普段の生活範囲内でも、行った事が無い場所には、同じ効果を期待する事が可能なため、知らない場所を探検するのもポイントの一つです。会社で働く方の多くは、仕事内容がルーチンワーク化している事があるため、飲み会などは足を運んだ事が無い場所に赴く事も一つの方法です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.